禁煙希望者の間で沸々と注目度上昇中の「チャンピックス」。チャンピックスの人気の理由はなんと言っても服用しながらでも喫煙を続けていいということ。本気で禁煙したいけどなかなかうまくいかない、という方はチェックすべきです。

無香料のタバコも害があるのでチャンピックスを

タバコには様々な有害物質が含まれていることがわかっており、喫煙をしている本人が健康被害を受けることは勿論ですが、副流煙によって周りにいる人にも影響を与えてしまう点も問題視されています。
アメリカを中心に無香料や無添加のタバコが販売されており、オーガニックなどの名称が用いられていますが、天然のタバコの葉が使用されているというだけで、タバコに含まれているニコチンの量などは変わりません。
そのために無香料のタバコを選択したとしても、身体に悪影響を与えてしまうということには変わりなく、タバコによる健康被害を防ぐためには禁煙するしかないと言えます。
自力で禁煙をしようとしても、ニコチンには依存性があることから、止めることが難しいと感じる人が多いでしょう。
タバコに含まれているニコチンを摂取することで、脳内のニコチン受容体と結合して、神経伝達物質であるドーパミンを放出します。
ドーパミンは快楽物質とも呼ばれるものですので、タバコを止めてしまうとドーパミンの放出が無くなることから離脱症状が起きます。
この作用によって、禁煙が難しくなると言われています。
世界では禁煙補助剤が開発されていて、日本でも認可を受けているチャンピックスという医薬品があり、医療機関を受診することで処方してもらうことが可能です。
チャンピックスに含まれている成分は、ニコチンの代わりに受容体と結合して微量のドーパミンを放出させる作用があることから、禁煙しても離脱症状を抑制できる効果が得られます。
12週間にわたってチャンピックスを服用する治療を継続することで、高い禁煙達成率を実現できると言われているために、従来までのニコチン製剤を使用する治療法に変わって、チャンピックスを服用する方法が主流となっています。