コレで最後!チャンピックスにかける思い

禁煙希望者の間で沸々と注目度上昇中の「チャンピックス」。チャンピックスの人気の理由はなんと言っても服用しながらでも喫煙を続けていいということ。本気で禁煙したいけどなかなかうまくいかない、という方はチェックすべきです。

チャンピックスを服用しながら喫煙する男性

チャンピックスは喫煙しながら禁煙を始められる

チャンピックスは禁煙のための薬でありながら、スタート時は喫煙しながら禁煙を始められるのです。服用の仕方は、禁煙予定日の1週間前からチャンピックスの服用をスタートするのですが、そこから禁煙をスタートするまでの1週間はチャンピックスを服用しながら喫煙も行って良いのです。チャンピックスの成分は煙草のニコチンよりも早く脳のニコチン受容体と結合することにより、煙草を吸ってもおいしいと思わなくなる作用があります。これまでの禁煙のためのパッチなどは少量であってもニコチンが含まれていたため、禁煙をスタートしてもニコチンに依存してしまうと言う点では喫煙とあまり変化はありませんでした。しかしチャンピックスはニコチンをおいしくないと思うと同時に最初のうちは喫煙もできるため、ニコチンへの依存度が減って行きます。チャンピックスの服用と喫煙を同時に行っても良い1週間の間に、自然と「煙草を吸ってもおいしくない」と思えるようになり、自然と禁煙が出来てしまうケースもあります。このような場合には、禁煙スタート日を待たずに禁煙を始めてしまって構いません。最初から「全く吸ってはいけない」と言われると精神的にもプレッシャーになり、禁煙の失敗のきっかけになりかねません。しかし「喫煙しながらでもいいんだ」と思えることにより、気持ちを楽に禁煙のスタートが切れるのがチャンピックスのメリットでもあります。チャンピックスの服用と同時に喫煙を行っていると、場合によってはイライラしたり集中できなくなるなどのニコチン切れの症状が現れてくる場合があります。そんな時にはなるべく煙草に手を伸ばすことをやめて、ガムや飴などでイライラや口さみしさを紛らわせるようにしましょう。

チャンピックスの禁煙成功確率は?

タバコは身体に悪いという事は広く知られてはいますが、ニコチン中毒になってしまうとなかなかやめるのが難しいです。そのために、止めたいとは思ってもなかなか止める事が出来ないという人も多いのですが、止める事が出来ないのは単に意志が弱いの一言で片づける事は出来ず、ニコチンによる影響が大きいのです。そのために自分の意志で禁煙に成功する人は5%以下とも言われていてかなり低く、チャンピックスが登場する前から行われているニコチン代替法と呼ばれる方法であっても10%~20%大程度の成功率であると言われています。それに対してチャンピックスの場合は、ニコチンを用いない画期的な治療薬であり、その禁煙成功率は4割から5割程度となっていて、これまでの方法と比べてかなり高い割合で禁煙に成功しています。チャンピックスがどのように禁煙治療に効果があるのかを説明するためにも、まずはタバコの依存性について簡単に説明をします。タバコを止める事が出来ないのは個々でも少し触れたようにニコチンが原因であり、ニコチンを体内に取り込むとニコチン受容体と結びつき、快感を感じるドーパミンが放出されます。それが切れるとイライラとしたりして再びタバコを吸いたくなってしまうので、なかなかタバコを止めるのが難しいのです。
チャンピックスを服用するとニコチン受容体と結びつき、その効果が持続している間はタバコを吸ってもタバコの中に含まれるニコチンが受容体と結びつかなくなるので、タバコを吸っても快感を得られる事が出来なくなります。そしてタバコを吸っても美味しくなくなるので、自分の意志だけで禁煙しようとするよりも禁煙に成功する確率が高いのです。
禁煙をしたいという人は、禁煙外来に行きチャンピックスを服用するようにしてみると良いです。

チャンピックスは通販での購入が経済的

たばこを吸い続けることによって、肺がんを始めとした病気を発症してしまうことが知られています。たばこが原因で引き起こされる病気については、禁煙することが一番の対策になると考えられており、現在では医療機関で禁煙治療を受けられるようになっています。日本で認可を受けている禁煙補助剤としては、チャンピックスという薬があり、医療機関で処方を受けることが可能ですが費用が高くかかってしまう問題があると言えます。医療機関を受診することで健康保険の適用を受けることができますが、それでも2万円近くの費用がかかることが考えられます。2週間分のチャンピックスを処方してもらう場合でも、約8500円ほどの出費が必要になると思っておいたほうが良いでしょう。病院を受診する方法よりも経済的な方法でチャンピックスを入手するには、インターネット上で運営されている医薬品の通販サイトを利用する方法があります。通販サイトは海外医薬品を個人輸入の方法で入手して販売を行っており、正規品を取り扱っている信頼性の高いサイトを選択することが重要です。正規品を扱っているサイトから通販の方法で購入したときには、平均して医薬品の価格は7000円ほどで手に入れることができます。サイトによっては送料がかかってしまうことが考えられますが、送料無料のサービスを行っているサイトであればお得に購入することが可能です。医療機関を受診するとなると医薬品の価格の他にも、診療費がかかってしまうことになりますので、通販サイトを利用したときのほうがかなり経済的であると言えます。また、インターネット上で購入することが可能なために、手間がかからないというメリットもあります。スマートフォンや携帯電話があれば、24時間好きなときに注文ができます。